ブログ

文章を書く前のコンセプトづくり

Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

章を書こうとする際に、漠然としたまま書きはじめてしまうと、たいがいどこにたどり着くのかわからない内容になってしまいます。

文章にも設計図があり、入口からゴールまで、どのように流れていくかの指標が重要です。

なかでも、ただ内容だけを考えるのではなく、しっかりとしたコンセプトが肝になります。

コンセプトとは、<だれが><だれに><なにを>の3つです。

つまり、この文章はだれが書いたものか

そして、この文章は誰にむけて書いたものか

さらに、この文章はなにについて書かれたものか

これらをハッキリさせてから書きはじめると、芯のぶれない文章になります。

【らくらく文章術】無料メールセミナー
https://form.k3r.jp/bridgetpub/mailsem002

関連記事

ページ上部へ戻る