ブログ

§17 収入をうみだす一連のしくみ

Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

前の章では、あなたが書いたコンテンツを、書籍などの資産にすることをお伝えしま した。
ここでは、文章をつかってあなたの商品やサービスを販売する流れについて説明してい きます。
文章を使ってビジネスを組み立てる場合、オンラインでもオフラインでも基本的には同 じです。
単純に考えて、人を引き寄せる施策と、商品・サービスをプレゼンする施策、お客様か ら信頼を得る施策などが必要になります。
オンライン上であれば、そのほとんどの過程を文章でおこなっていくのです。
そこで、その施策にそくした文章を作成していきます。
ビジネスの一連の流れ(しくみ)をつくるためのステップは、大きく分けてたったの3 つです。
1、アクセス集める 2、関係をつくる 3、商品・サービスを販売する
しくみを作るというのは、この 3 ステップを整えることになります。
一般的な方法は、web サイトへアクセスを集め、情報やプレゼントを送るためのアクセ ス許可をいただき、有益な情報をお伝えしながら、自社の商品・サービスを紹介することになります。

この一連の流れを、文章を使って、説明、誘導していくのです。
このしくみづくりで大事なことは、とにかく早く3ステップを整え、人の流れを一 巡させることです。
一連の流れができれば、あとから弱い部分を補強、改善していきます。
そして、アクセスを集めるための行動から、実際のアクセス数、オプトイン数、成約数 など、細かいステップを計測し、数値化していきます。
数値化することで、どの部分が弱いのか、どんな改善が必要なのかが具体的になるから です。
これによって、いわゆる PDCA サイクルといわれる、Plan(計画)→Do(実施)→Check (計測)→Act(改善)を繰り返していきます。
ある程度の成果がでるようになったら、規模を大きくしていくことで、売上額を増やす ことができます。
また、この一連の流れをひとつの柱とし、2つめ、3つめと柱を増やしていけば、ビジ ネスの安定化をはかることが可能です。
このような機能を果たす文章は、コピーライティングと呼ばれています。 その機能の重要性から、いまでは多くの人がスキルを学び、実践しています。
スキルを習得するための教材やセミナーも、多くあります。 一度習得すれば、何度でも繰り返し収入を生みだすことができるので、たいへん価値の 高いスキルです。
オンラインでの収入を考えているのなら、ぜひこのスキルをマスターすることをおすす めします。
ただし、ひとつ気をつけておかなければならないことは、コピーライティングも文章術 のひとつです。

つまり、文章を書くとはどういうことかを知らないと、表面的な技術を学ぶだけで終わ っていまいます。
そして、文章はどれだけ表面的な字面を整えても、思い通りの効果が出るとは限らない のです。
その裏に隠された真意を見抜いたり、目に見えない部分に使われているテクニックを理 解できなければ、絵に描いた餅になってしまいます。
文章とは、表向きには字が並んでいるだけですので、だれにでもできそうに思われるか もしれませんが、この書籍でも説明してきたとおり、その効果を担っているのは、行間 に込められた書き手のマインドであったり、心理的な戦略になります。
これらのことを知らないで、たんにコピーライティングの勉強をする、あるいはテンプ レートを使ったとしても、時間とお金が無駄になってしまうことにもなりかねません。
その点には注意が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る