ブログ

失敗が怖くて、前へ進めない方へ─恐怖を乗り越える方法─

アイキャッチ

分でビジネスをしていこうという意欲はある。
でも、それと同じぐらい恐怖心がわいてきて、前へ進むことができない。
そんな状況に陥ることはありませんか。

私は起業して5年目になりますが、起業するまでは、怖くて怖くて何年も前に進めずにいました。
OLをやっていれば、とりあえず家賃を払っていけるし、贅沢はできなくても、生活に困ることはない。
しかし、経営者という立場になったら、それがどうなるのか予想もできず、考えるだけで「自分には無理だ」と思っていたのです。

でも、起業したい、いつまでもOLのままじゃいやだという気持ちも、日に日に強くなっていく。
どっちにも進めずに、毎日悶々としていました。
結局は、ひとつのチャンスを掴み、リスクを最低限に抑えた形で進みだしました。

会社を設立しても、しばらくはアルバイトをしながら生活費を稼ぎ、会社の売上だけで生活できるレベルになってから、アルバイトを辞めたのです。
このように、散々悩んだり、ためらったりした挙げ句に、ようやく一歩前進したわけです。

は、臆病な性格なのだと思っています。
起業したあとも、いちいちいろいろな場面で恐怖が浮かびます。
商品をつくり、募集するときも、「売れなかったらどうしよう」
お客様に商品を納品するときも、「気に入ってもらえなかったらどうしよう」
売上を増やすために、一年ごとに新しい企画をたて、チャレンジしたのですが、準備に時間がかかり(特に心の準備)、リリースするまでにかなりの時間がかかっていました。
もっと効率よく進めていければ、その分売上も増えたことは間違いありません。
つまり、自分の思考が、売上を制限してしまっていたのです。

会社を経営していると、経営者の仲間ができてきます。
その仲間たちと話しをしていて、気づいたことがあります。
怖いのはみんな一緒!
新しいことを始めるときに、まったく恐怖心がないという人は、ほとんどいません。
むしろ恐怖心がわくほうが普通なようで、恐怖を感じないとしたら、それはよっぽど訓練された人か、よっぽど鈍感な人か、よっぽど神経のズレた人です。

で、みんな恐怖を抱くけれど、自分なりの方法でそれを乗り越えているのです。
「新しい商品を売り出したけれど、それが売れない」
ということは、人に否定されたと感じる、自分は能力がないと感じる、センスが悪い、時代遅れ、なにが悪いのかもわからない。
運がない、見る目がない、行動が遅い、人に嫌われる。
とにかくネガティブな要素が次から次へと浮かんできます。
これを実感するのが嫌だから、行動することをためらうわけです。
でも、行動しなければ、現状が変わることはありません。
いつまでも今のままです。
それを許せるのか……。
やっぱり変わりたい。前へ進むしかないと覚悟を決めるべきです。

 

んな恐怖を乗り越えるポイントをひとつご紹介します。
自分はなにを成し遂げたいのか、なにを実現したいのかを、できる限り小さな枠で決めることです。
たとえば、商品を売って、それがバカ売れしないとしても、たった一人のお客様に喜んでもらいたい。
たった一人のお客様の問題を解決してあげることができたら、それはとても価値があることです。
あるいは、成約率を目標の数値にしたい。
購入してくれる人の半分は女性にしたい。
なんでもいいと思います。
自分が欲しがっている結果のなかの、わずかな一部分でも達成することができたら、それはやるだけの価値があります。
行動する意味があるのです。

世の中では、何千万円売上げましたとか、やたらと多くのお客様の声などを掲載している広告やメルマガがたくさんあります。
それらを目にすると、自分もこうなりたいと思う反面、自信を失うこともあります。
私はこんなにうまくできない、と自信を失ってしまうと、よけいに行動できなくなってしまいます。
それよりも、現時点で「私はこれだけは達成したい」というものを、小さなことでもいいので、なにかしら明確にしておくことです。

 

の場合は、編集者、ライターという立場から、マーケッターへと発展していきたいと思っています
つまり、私の発売する商品がどれだけ賞賛されるか、それがどれだけの価値があるかも大事ですが、
それ以上に、それをどう売るか、どれだけ売れるかのほうが大事になるのです。
いい商品だから売れるわけではありません。
いい商品だと思わせることができるから売れるのです。

マクドナルドのハンバーガーは世界一おいしいとはいえません。
しかし、ハンバーガーチェーンとしては、世界一です。
最高においしい商品を提供することにこだわってしまったら、マクドナルドはいつまで経っても、世界一のチェーン店にはならなかったでしょう。
いまだに一店舗で、おいしいハンバーガーを追求していたかもしれません。
マクドナルドのことを悪くいう人も、世の中にたくさんいます。
あんなもの食えるかと思っている人もいます。
でも、マクドナルドは世界一のハンバーガーショップ。
すべてにおいて完璧ではないのです。

 

が実現したいことは、「どれだけ売れたか」です。
つまり、数字で表せる部分を追求したい。
あなたはなにで認められたいのか。
なにを追求したいのか。
それだけをしっかりと見つめていれば、あとのことは気にすることはありません。
外野からどんな声が聞こえてこようとも、あなたが目指しているものとは関係がないのです。
そして、自分は自分の目標に集中する。

そうすれば、いまよりも一歩、前へ進めるはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る