いますぐ売上を倍増させる方法

打印

し、すでにあなたに顧客がいるのであれば、その顧客さらに商品やサービスを紹介、提供することが、もっともはやく売上をあげる方法です。

既存客は、あなたの商品を購入してくれた方々ですので、当然あなたのことを知っています。
そして、あなたの商品・サービスに興味を持っています。

新規の顧客を探すよりも、あなたの商品・サービスを購入してくれる確率が高くなります。

「う〜ん、言っていることはわかるけれど、肝心の商品がないんだよ……

そうつぶやきたくなるかもしれません。

たしかに、既存のお客様へ紹介できる商品がないというのは、身動きがとれず、なんとも心苦しい状況かと思います。

しかし、だからといって諦めることはありません。

そんな状態からでも、すぐに売上をつくる方法を、ご紹介していきます。

 

1.同じ商品・サービスを、再度販売する


既存の顧客がこれまでに買ってくれた商品・サービスが、リピートのできるものである場合は、まっ先にリピートを進めるべきです。

定期的に繰り返し購入するような消耗品はもちろん、たとえ以前に購入してくれたものが塾やスクールなど、すでに内容を知っているというものでも、問題ありません。
塾やスクールは、知識を得にいくところではなく、実践しにいくところです。

こう聞いてみてください。
 「以前、参加していたときに、十分な成果を出すことができましたか?」

NOであれば、「もう一度チャレンジしませんか?」とうながす。

YESであれば、「さらに大きな目標にチャレンジしませんか?」とうながします

 

あなたが提供する塾やスクールの内容が、以前よりも格段にブラッシュアップされているとしたら、その点もアピールするべきです。

そして、再参加の特別割り引き料金を設定してあげれば、少なからず興味を持つ方がいるはずです。

塾やスクールは、参加している時がもっとも意欲が高く、期間が終了するとそれっきりになってしまう、モチベーションが低下してしまうという方がほとんどです。

としたら、せっかくやり始めたのに、そのままにしてしまってはもったいない、もう一度がんばってゴールを目指そうと促すことは、十分に価値のあることです。

このように、リピートができる商品・サービスは、想像以上に多いものです。

ご自分のなかで、「一度売ったら、もう買ってもらえない」と決めつけずに、オファーしてみるといいと思います。

 

ちなみに、私は同じセミナーを、続けて3回受講した経験があります。
内容はまったく同じにもかかわらず、です。

それでも、各回で得られるものが、ぜんぜん違いました。
おそらく、受け取る側である自分自身の理解度や成長度合いによって、吸収できることが変わってくるのですね。

それに、セミナーでは、人との出逢いがあります。
いい人に出逢うことができたら、それだけでも大きな成果です。

家にこもって仕事をしているのもいいですが、意識の高い人との出逢いを求めて、外に出るのもまた必要なことではないでしょうか。

 

2.新しい商品をつくる

どんなビジネスをしている方でも、顧客に提供できる商品がひとつだけという方は、ほtんどいないと思います。
常に、新しい商品を開発・製作していかなければなりません。

としたら、既存のお客様がよろこびそうな商品をつくって、販売するのことも大事になります。
私は、どんなビジネスをしている方でも、デジタル・コンテンツを持つことをおすすめしています。

デジタル・コンテンツとは、電子書籍や動画教材など、デジタル化されている情報のことです。

ビジネスをされている方は、なんらかの専門知識を持っています。
また、それに合わせて、経験もお持ちです。

そういった知識、スキル、経験を、教材としてまとめて、販売するのです。

 

ぜ、デジタル・コンテンツを持つべきなのか。

デジタル・コンテンツであれば、製作コストや保管コストが抑えられる。納品がラク、すばやくお客様に届けられるなど、実質的なメリットがあります。
しかし、なによりも大きなメリットは、デジタル・コンテンツによって、あなたの商品やサービスを、より多くの人が試すことができるからです。

実店舗での商売をされている方でしたら、基本的にはそのお店に来られる人でなければ、あなたの商品・サービスを利用することができません。
しかし、デジタル・コンテンツであれば、インターネットを介して、日本全国どこにいる人にでも届けることが可能です。

また、時間に都合がつきにくい方でも、空いている時間に利用することができます。
しかも、気軽に試せる価格にしておけば、お客様も気兼ねなく購入することができます。

このように、お客様にしたら、あなたの商品・サービスを利用する際のハードルがぐっと低くなるのです。
そして、あなたが提供する商品・サービスを気に入ってもらったら、さらに充実した商品・サービスを提案すればいいわけです。

これによって、既存の商品・サービスの売上も大きく増やすことができます。
まずは、多くの方に、あなたの魅力を知ってもらう。
体験してもらう。

これが、デジタル・コンテンツを持つ最大の理由です。

いまは、本当に便利なツールがたくさんできており、、私たちはそれを非常に安い価格で利用することができます。
ほんのわずかな労力をかけるだけで、売上を大きく伸ばすことができるわけです。
やらないのはもったいなさすぎます。

どんなコンテンツをつくればいいのかは、「デジタルコンテンツのつくりかた」のコーナーでご紹介しています。
ぜひ、こちらを参考に、いますぐ売上を倍増させてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の記事

  1. Four businesswomen are brainstorming near a blackboard with a large and detailed business scheme drawn on it. Concept of a teamwork.
    コミュニケーションのテクニックとして、さまざまなものが紹介されています。 外見や表情を整えたり、声…
  2. Marketing Plan Strategy Branding Advertising Commercial Concept
    最近、webを使ったマーケティングの相談が増えています。 まあ、いまはほとんどのケースがwebを使…
  3. ()
    自分の軸とか、自分の土台となるものを見極めるのって、 けっこう難しいですよね。 私のところに…
  4. The concept of business, technology, the Internet and the network. A young entrepreneur working on a virtual screen of the future and sees the inscription: Core values
    自社のサイトを上位表示させるために、どんなキーワードを選定すればいいのか、いろいろと悩むところです。…
  5. Fotolia_107110070_XS700
    どんなキーワードで上位表示を目指すのか まずは、自社サイトに関連するキーワードを検討し、どのキーワ…
  6. Fotolia_155751981_XS700
    では、昨日の記事の続きをみていきましょう。 昨日の記事をまだ読んでいない方は、こちら⇒http:/…
  7. Vector illustration. Top view web design concept. Working desk from above view with designer hands working on laptop, computers, papers, designing website, online business, setting, internet
    先日、こんなご相談がありました。 「うちのホームページで集客してほしい」と。 どういうことかとい…
  8. Stress concept with colleagues who screams to businessman
    昨日の記事で、web集客の問題の原因は、大きく分けると、たった3つだけ、というお話をしました。 …
  9. Fotolia_116345850_XS700
    最近、webを使ったマーケティングの相談が増えています。 いまはほとんどの事業でwebを使うでしょ…
  10. Education, technology and online training concept: student connecting with a laptop, attending online courses and sharing with a community
    先日の記事で、web集客の問題の原因は、 大きく分けると、たった3つだけ、というお話をしました。 …

ピックアップ記事

  1. アイキャッチ
    私たちはいま、激変する時代に生きています。 世の中のあらゆるものが淘汰され、 生き残るものと…
  2. Fotolia_95065825_XS700
    今日は5月末日。 私の会社から電子書籍を出版している著者さん方へ、 販売状況の報告書を送る日…
  3. Fotolia_155751981_XS700
    今日は、文章術をマスターするべき理由 について考えていきます。 本当に文章力をつけるためには…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る