キーワードの選び方 vol.2 一点集中よりも広く浅く取りこむ

The concept of business, technology, the Internet and the network. A young entrepreneur working on a virtual screen of the future and sees the inscription: Core values

自社のサイトを上位表示させるために、どんなキーワードを選定すればいいのか、いろいろと悩むところです。
前回の記事では、マーケティングの3C(Company、Customer、Conpetitor)を分析しましょうとお伝えしました。

~・~・~・~・~・~・~・~・
前回の記事
○キーワードの選び方─ポイント1:マーケティングの3C分析をおこなう
http://bridgetpub.jp/?p=476
~・~・~・~・~・~・~・~・

3C分析の結果が、そのままキーワードの決定になるわけではありませんが、どのようなキーワードを選ぶべきかを決める際に、この3点がしっかり考慮されていることで、より適切なキーワードを設定することができます。
そして、キーワード選びの際にポイントとなる点を、あと2つご紹介します。
このポイントをしっかり押さえておくだけで、「なんとなく」選んでいるライバルと、圧倒的に差がつきますので、しっかりと取り組んでみてください。

 

ポイント2:複合キーワードで浅く広く集める

どんなキーワードを選ぶかを考える際、よくありがちなのが、1つのキーワードだけに絞ってしまうことです。
たとえば、当社だったら、「マーケティング」とか、「コンテンツ」などのように、非常にざっくりとしたくくりをしてしまうことですね。
これだと、日本全国のライバルを相手に、日本中の人へ呼び掛けることになります。
しかも、なんの特徴も表されていません。
検索する人の立場になって考えてみると、「マーケティング」「コンテンツ」とだけ入力して、検索する人がいるのでしょうか……。

おそらく、いないと思います。
なにを調べたいのか、わからないからです。
マーケティングの言葉の意味なのか、やり方なのか、教えてくれるところなのか、それとも英単語の綴りなのか。
言葉の意味であれば、「マーケティング 意味」と入力するでしょうし、
やり方を学びたいなら、「マーケティング 方法:とか、「マーケティング セミナー」など、その目的に合った単語を一緒に入力するはずです。

このように、抽象的なキーワードを一語で入力する人は、まずいません。
とすると、キーワードの設定も、抽象的な単語ひとつということはありえないのです。
もちろん、メインとなるキーワードとして、抽象的な単語を設定sうることはあります。
これを、ビッグキーワードといいます。
しかし、ビッグキーワードでは、検索結果に該当するサイトがあまりにも多すぎて、順位を上げることができません。
かつ、仮に上位表示されたとしても、自社のビジネスに適した見込み客が集まっているのかどうかは、断定できません。
むしろ、幅広く集めることになってしまいます。

さて、では、ビッグキーワードが適さないとしたら、どのようなものを狙っていけばいいのでしょうか。
ここでよく言われるのが、「ロングテール・キーワード」です。
ロングテールとは、「長いしっぽ」ですね。
動物のしっぽのように、細く長く伸びている状態を指します。
つまり、検索回数は多くないが、検索意図が明確なキーワードのことです。
たとえば、月間検索回数が数十回、あるいは数百回程度ですが、「マーケティング セミナー 東京」「マーケティング 本 おすすめ」などのように、知りたい情報が特定できるものですね。
こういったロングテール・キーワードの特徴は、検索の目的がはっきりと読み取れるため、それに合わせた記事を書くことができる点です。
それは、読者の満足度アップに、直接つながります。
読者の信頼を得やすいということです。

また、検索結果が少ないために、大手企業が手をつけていない可能性が高く、ライバルが少ないといえます。
3C分析に明確になった自社の強みを活かせば、他にはない価値の高い情報を提供することが可能です。
そして、ロングテール・キーワードは、組み合わせ次第で、いくらでもありうる点が特徴です。
ビッグキーワードは、せいぜい1つか2つなど、少数になりますが、
ロングテール・キーワードは、何十種類、何百種類にもなります。
これだけの数を、ページごとに設定できれば、それだけサイトへの入り口が増えるわけです。
1語、1語の検索回数は少なくても、入口の数が増えることで、結果的にサイトのアクセス数が増えていくことになります。

長くなってしまいますので、ロングテール・キーワードの抽出方法は、別の記事で紹介します。

 

ポイント3:ユーザーの検索意図を考慮する

そして、3つめのポイントです。
さきほども少しふれましたが、検索している人の意図を考慮することです。
その人は、なにを知りたいのか、どんな情報を探しているのかを、キーワードから推測するのです。
たとえば、「マーケティング セミナー 東京」であれば、マーケティングを学びたいと思っている人です。
もし、東京で開催されているセミナーが見つかれば、参加する意欲が高いということになります。

一方で、「マーケティング 意味」とか、「マーケティング 英語」と検索している人は、調べることが目的です。
なにかを買いたいとか、セミナーに参加したいのではなく、その意味やスペルが知りたいわけですね。
こういう方は、なにかを購入する意欲が低いので、見込み客になりにくいといえます。

これらの検索意図の違いを考慮することが重要です。
検索意図のなかでも、前者のように購入意欲が高いを推測できるキーワードを、「買うワード」ということがあります。
逆に、後者のように、たんに調べているだけのキーワードは、「調べるワード」です。
この違いによって、ロングテール・キーワードを分類します。
そして、見込み客になるのは、「買うワード」を検索している人たちです。
「買うワード」を、自社サイトのなかに、盛り込んでいくようにしましょう。
以上が、キーワードを選ぶ際の3つのポイントになります。
この3つのポイントだけで、すぐにキーワードが決まるわけではありませんが、
これらをきちんと考慮してあるかどうかで、選んだキーワードの効果がまったく異なります。

なので、絶対に外してはいけない、大事なポイントでもあるのです。
面倒な点もありますが、ぜひじっくりと取り組んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の記事

  1. Four businesswomen are brainstorming near a blackboard with a large and detailed business scheme drawn on it. Concept of a teamwork.
    コミュニケーションのテクニックとして、さまざまなものが紹介されています。 外見や表情を整えたり、声…
  2. Marketing Plan Strategy Branding Advertising Commercial Concept
    最近、webを使ったマーケティングの相談が増えています。 まあ、いまはほとんどのケースがwebを使…
  3. ()
    自分の軸とか、自分の土台となるものを見極めるのって、 けっこう難しいですよね。 私のところに…
  4. The concept of business, technology, the Internet and the network. A young entrepreneur working on a virtual screen of the future and sees the inscription: Core values
    自社のサイトを上位表示させるために、どんなキーワードを選定すればいいのか、いろいろと悩むところです。…
  5. Fotolia_107110070_XS700
    どんなキーワードで上位表示を目指すのか まずは、自社サイトに関連するキーワードを検討し、どのキーワ…
  6. Fotolia_155751981_XS700
    では、昨日の記事の続きをみていきましょう。 昨日の記事をまだ読んでいない方は、こちら⇒http:/…
  7. Vector illustration. Top view web design concept. Working desk from above view with designer hands working on laptop, computers, papers, designing website, online business, setting, internet
    先日、こんなご相談がありました。 「うちのホームページで集客してほしい」と。 どういうことかとい…
  8. Stress concept with colleagues who screams to businessman
    昨日の記事で、web集客の問題の原因は、大きく分けると、たった3つだけ、というお話をしました。 …
  9. Fotolia_116345850_XS700
    最近、webを使ったマーケティングの相談が増えています。 いまはほとんどの事業でwebを使うでしょ…
  10. Education, technology and online training concept: student connecting with a laptop, attending online courses and sharing with a community
    先日の記事で、web集客の問題の原因は、 大きく分けると、たった3つだけ、というお話をしました。 …

ピックアップ記事

  1. アイキャッチ
    私たちはいま、激変する時代に生きています。 世の中のあらゆるものが淘汰され、 生き残るものと…
  2. Fotolia_95065825_XS700
    今日は5月末日。 私の会社から電子書籍を出版している著者さん方へ、 販売状況の報告書を送る日…
  3. Fotolia_155751981_XS700
    今日は、文章術をマスターするべき理由 について考えていきます。 本当に文章力をつけるためには…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る