§16 客観性をもつと飛躍的にうまくなる

Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

文章を書くときは、読者がそれをどのように読むのか、想像することが大切です。
つまり、冒頭から読み始めて、どの言葉でどんなことを連想するか、一文一文がスムー ズにつながっているか、などを他人の思考になったと仮定しながら、検証していくので す。
書き手は自分の専門について伝えますので、その中身は慣れ親しんだものです。 知っていて当然のことがほとんどです。
しかし、まったくの素人が同じ話を聞いて、同じように理解できるはずがありません。
書き手にとっては当たり前のことでも、読者にしたら、 「なんでそうなるの?」となってしまうことがあります。
では、それを回避するためにはどうしたらいいのでしょうか。
まずは、自分の頭の中から先入観を排除することです。
そして、書き手の基準を、世間の大衆に合わせます。
つまり、世間的に常識であることは、そのまま採用し、そうでないことは、丁寧な説明 を付け加えてあげるのです。
よく見かける例でいいますと、料理のレシピを読んで、その通りにやっているのに、同 じものができない。
電化製品の説明書を読んでいると、意味のわからない単語が出てくる。
スポーツの本など、頭で理解できても、身体がそのとおりに動かない。

などといった経験はないでしょうか。
これらは専門家が書いているために、読者との間でギャップが生じている証拠です。
料理の得意な人は、感覚的になんでもうまく作ることができます。 そのうえ、いろいろな経験をしているでしょうから、これは常識!というレベルが高く なります。
しかし、料理が苦手な人には、その前提となる知識や経験がほとんどない。
調味料の名前すら知らなかったり、分量のはかり方がわからない、ということも。
強火と弱火の境目もわからなければ、見た目で、火の通り具合を判断できない。
運動の得意な人は、自分の体を立体的に見ることができます。
頭のなかで、自分の動きを想像できるのですね。 両手両足をそれぞれ機能的に動かすことができます。
しかし、運動の苦手な人は、それができません。 右手と左手で別々のことをするのさえ難しいのです。
インターネットを使った技術を教えるブログなどを読んでいると、意味のわからないI T用語が、当たり前のように使われています。
そのたびに、その単語の意味を検索しなければならない。
これでは、読者は疲れてしまいます。
自分の文章の読者がどういう人なのかを、把握していないと、相手とのギャップは埋ま りません。
そして、その差を埋めるのは、書き手にしかできないことです。

いっぽうで、読者ターゲットを絞るときに、これを逆に利用するケースもあります。
つまり、専門家相手に書いているときなど、読者を絞り込みたい場合です。
書く内容のレベルを一定のものにする。
たとえば、コンサルタントなどが、 「専門家向け」や「エグゼクティブ向け」 という商品を売り出す場合に、その価値を維持するために、あえて難しい言葉を並べて、 それを理解できる人だけを集めるという手法です。
これにより、その商品イメージを上げることができ、価格を高く設定できるようになり ます。
これは文章の使い方の一例ですね。
ただし、この使い方は 「どう書くか」と同じぐらい、「どこで発信するか」が大事になりますので、事前の 計画が必須です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の記事

  1. Four businesswomen are brainstorming near a blackboard with a large and detailed business scheme drawn on it. Concept of a teamwork.
    コミュニケーションのテクニックとして、さまざまなものが紹介されています。 外見や表情を整えたり、声…
  2. Marketing Plan Strategy Branding Advertising Commercial Concept
    最近、webを使ったマーケティングの相談が増えています。 まあ、いまはほとんどのケースがwebを使…
  3. ()
    自分の軸とか、自分の土台となるものを見極めるのって、 けっこう難しいですよね。 私のところに…
  4. The concept of business, technology, the Internet and the network. A young entrepreneur working on a virtual screen of the future and sees the inscription: Core values
    自社のサイトを上位表示させるために、どんなキーワードを選定すればいいのか、いろいろと悩むところです。…
  5. Fotolia_107110070_XS700
    どんなキーワードで上位表示を目指すのか まずは、自社サイトに関連するキーワードを検討し、どのキーワ…
  6. Fotolia_155751981_XS700
    では、昨日の記事の続きをみていきましょう。 昨日の記事をまだ読んでいない方は、こちら⇒http:/…
  7. Vector illustration. Top view web design concept. Working desk from above view with designer hands working on laptop, computers, papers, designing website, online business, setting, internet
    先日、こんなご相談がありました。 「うちのホームページで集客してほしい」と。 どういうことかとい…
  8. Stress concept with colleagues who screams to businessman
    昨日の記事で、web集客の問題の原因は、大きく分けると、たった3つだけ、というお話をしました。 …
  9. Fotolia_116345850_XS700
    最近、webを使ったマーケティングの相談が増えています。 いまはほとんどの事業でwebを使うでしょ…
  10. Education, technology and online training concept: student connecting with a laptop, attending online courses and sharing with a community
    先日の記事で、web集客の問題の原因は、 大きく分けると、たった3つだけ、というお話をしました。 …

ピックアップ記事

  1. アイキャッチ
    私たちはいま、激変する時代に生きています。 世の中のあらゆるものが淘汰され、 生き残るものと…
  2. Fotolia_95065825_XS700
    今日は5月末日。 私の会社から電子書籍を出版している著者さん方へ、 販売状況の報告書を送る日…
  3. Fotolia_155751981_XS700
    今日は、文章術をマスターするべき理由 について考えていきます。 本当に文章力をつけるためには…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る