bridgetpubの記事一覧

  1. Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

    §18 人を集める――私のことを知ってください

    あなたの事業について、あるいはあなたの商品・サービスについて、web サイトで紹 介していることでしょう。あなたのサイトページには、検索サイトから探してくる人もいれば、広告、だれかから の紹介、SNS、リンク、名刺にあったURLを直接入力、などさまざまな経路があり ます。

  2. Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

    §17 収入をうみだす一連のしくみ

    前の章では、あなたが書いたコンテンツを、書籍などの資産にすることをお伝えしま した。ここでは、文章をつかってあなたの商品やサービスを販売する流れについて説明してい きます。文章を使ってビジネスを組み立てる場合、オンラインでもオフラインでも基本的には同 じです。

  3. Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

    §16 客観性をもつと飛躍的にうまくなる

    文章を書くときは、読者がそれをどのように読むのか、想像することが大切です。つまり、冒頭から読み始めて、どの言葉でどんなことを連想するか、一文一文がスムー ズにつながっているか、などを他人の思考になったと仮定しながら、検証していくので す。

  4. Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

    §15 決め手はやっぱりマインドセット

    書籍づくりについて、どのような内容にするかと同じぐらい、真剣に考えないといけ ないことがあります。文章はエネルギーであるとお伝えしました。 エネルギーとは「ひとつの方向へけん引する力」です。この力によって、読者は引きこまれ、感情を動かされ、期待するアクションをとるよう になります。

  5. Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

    §14 ノウハウ書、実用書づくりに向いている人とは!?

    はじめて本を執筆するときは、ノウハウ書、ハウツー書などのような、実用書がおす すめです。というのも、この類のものであれば、あなたの専門をいかして、すぐに原稿を書くこと ができるからです。

  6. Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

    §13 コンテンツを資産に変えていく

    近年、一人型のビジネスを起こす方が、とても増えています。働き方の選択肢が増え、自分らしいライフスタイルを実現することが容易になりました。しかし、会社員とは違って、一人型ビジネスのオーナーは、不安定な立場にあるのも事 実です。

  7. Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

    §12 ストーリーのなかにメッセージを忍ばせる

    ストーリーをつくるためには、「葛藤」が必要だというお話をしました。主人公が葛藤する場面は、なんとなくでも想像できると思います。では、その中で書き手の想いやメッセージは、どのように伝えていけばいいのでしょう か。

  8. Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

    §11 人はみんなストーリーが大好き

    何かを伝えたいというときに、その内容を物語にまとめると、伝わる度合が飛躍的に アップします。人は物語、ドラマが大好きです。 そのドラマが共感できるものであるほど、読者は心を開いて受け入れてくれるようにな ります。では、ドラマづくりとはどのようにすればいいのでしょうか。

  9. Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

    §10 共感はもっと人間っぽいところで

    具体的になにについて、どういった内容のものを書くのかは、書き手の専門性など、 それぞれによって違います。ただし、どんな分野の話であれ、絶対にはずしてはいけない共通項もあるのです。その代表的なものが、「時代や生活から離れてはいけない」ということです。

  10. Woman sitting in chair using laptop --- Image by © Steve Hix/Somos Images/Corbis

    §9 あなたってホントはすごい人なのね!?

    文章をつかって情報発信をするときに、執筆者であるあなた自身のことを、紹介しな ければなりません。読者は、あなたの発信した情報を読むときに、「この人はなにをしている人?」 「なにが専門なのか?」 「どんな実績があるのか?」と当然に興味を持ちます。 その興味に応えなければなりません。

ページ上部へ戻る